"わたし" にできることを

あのとき、わたしのおなかのなかには、
ちいさな娘のいのちがあった。

3.11でいろいろが大きく揺れ動くなかで、
それでもこどもたちはいつだって変わらず、
明るくて、元気で、光だった。

きのう、すえきちが3さいになって、
同じく3月末がお誕生日で、
今度10才になるおにいちゃんの
3さいのお誕生日のことをおもったよ。

ハッピーバースデイをお祝いしながら、
生きていることを、、
本当にありがたいなあと思った。

そして、3才になるおにいちゃんと
おなかのなかに、娘を預かる、
"そのときのわたし" にできることは、、

すぐさま被災地にかけつけることではなくて、
ここでこうしてこどもたちを守り、
日々を営むことなのだと、
そう、強く、思ったんだ。

.
.

わたしたちにできることは、
いつだって、自分を生きることだ。

自分に嘘をつくことなく、
そのときに与えられた自分の役割を、
ただ、ただ、果たしていくことだ。

それは、外側から与えられるものじゃない。
誰かに決めてもらうものでもない。
自分が、気づいて、選ぶものなんだよね。

自分というものを受け容れ、
自分に嘘をつかなければ、
ひとは言い訳をしなくなる。
誰かのせいにはしなくなる。

そのときはじめて、
宇宙からのオーダーを知り、
ひとは、よろこびから
生きることを知るのだとおもう。

たとえ、どんな状況にあっても、
そこに、光はあり、
よろこびは、存在するんだ。

.
.

革命の星、天王星が3.11が起きたその翌日に
12星座のスタートの牡羊座に入って、
世の中が根底から覆されながら、
あらたなスタートを切った7年前。

2018年5月には、その天王星が牡牛座に入る。

わたしたちが本当の豊かさとは何かを
知るための新たな7年の日々がはじまる。

そう、もうすでに、、
はじまっているかもしれないね。

ここから世界は、何を見つけるだろう?

あなたは、わたしは、何を知るだろう?

ただひとついえることは、
世界は、自分が選ぶということだ。
あなたは、選べるんだよ。
自分が生きたい世界を、いつだって。

だから、わたしは、選ぶ。

真実に生きて、
この世界に愛を還して
生きることを。

それが、わたしにできることだから。

nijiiro records*

暮らす、 つたえる、 わかちあう。 虹色のAlchemy Healing house nijiiro records*