共振して、共鳴し、チューニングされる〜サウンドアルケミー②

2010年は、私にとって

ちょっと特別な年でした。


この頃から、色々が大きく動いていって、

今、この場所にいる。そう思います。


マクロビオティックを学び始めたのも、

突然の父の病と旅立ちがきっかけで、

ヒーリングワークをするようになったのも、

大好きだったおばあちゃんが旅立ったのも、

娘がお腹にやって来たのも、この年で。


私がいわゆる "ミュージシャン"から、

音で光と癒しを伝える役割を果たすよう

導かれる流れの中での、

大きなシフトポイントとなる年でした。

.

.


そのエピソードについては、

『妊娠とヒーリングとの出逢いの頃』

に詳しく書いています。

.

.


『ヒーリングとは「方法」でも「理由」でもなく、またそれは、秘訣でもない。それは存在の状態である。』

by Dr.エリック・パール(『リコネクション』P328より)


.

.

存在の状態。

それは、

存在の振動とも言えます。


どんな周波数で、

そこに存在しているか、

ということ。


私は今まで、必要なタイミングで

自分自身の"大きなシフト"というものを

何回か体験して来ていますが、


それは、、


"ある種の状態の存在” 

"ある種の周波数"

と邂逅して、


そのエネルギーに触れたことで、


"自分の存在の状態" 

が、大きく変容した。


そういう体験だったとも言えると思います。

.

.

それは、共振。

そして、共鳴。

.

.

様々な波動、周波数の集合体。

そのハーモニーによって、

世界はできています。


ヒーリングは、その人にとって、

最善の響きあいが起きて、

然るべき状態にチューニングされる

ということでもあります。


ただ、あるべき状態にあるということ。


そこにはエゴやマインドが

入り込む余地はありません。




*・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. .。.:*・゜゚・*

5/12(土)開催☆彡

*あなたの光を奏でる

サウンドヒーリング&アクティベーション in 大阪

〜牡牛座天王星時代の幕開けに

https://coubic.com/nijiirorecords

nijiiro records*

暮らす、 つたえる、 わかちあう。 虹色のAlchemy Healing house nijiiro records*